お馬鹿なオヤジのシースルーライト検証記録が拝めるブログ。
100%便秘解消?微生物ダイエット

2013年04月06日

シースルーライトの微生物について

さて、今日はシースルーライトの口コミの評価はやめにして、皆さんが気になっちゃうであろうシースルーライトの微生物について簡単に説明しよう。

みなさんは、腸内の善玉菌・悪玉菌は知ってますよね。まあ、シースルーライトの微生物とはこの善玉菌に当たるものです。

しかして、その実態は・・・。

シースルーライトの言う微生物の名前は108酵母菌とされています。
簡単に言うと酵母菌を108種類の善玉菌として集めたものです。

善玉菌とは食物の油分や脂質を分解する事で知られていますが、その善玉菌にはそれぞれの好みがあります。結局1種類で、ひとつか二つのものしか処理できません。

それで酵母菌を108種類集めちゃったんですね。

108種類存在する事であらゆる食物をフォローしようと言うのが目的です。
ダイエットの煩悩108個、打ち砕いて進ぜよう。みたいな?

それで、なんで酵母菌になるかというと、まあ、ミオナの研究者は鰹節に注目したんですよね。
鰹節を作るときに使う酵母が、カツオの余分な油分、脂肪を分解除去し、深く味のある鰹節が出来る。

これなら、人体に無害で、しかも過剰な食物の栄養素を吸収する前に分解して流してしまえるんじゃないか。と思い至ったんです。

要は私たちは食物をかみ砕いて消化しやすい状況で胃に送り、消化酵素で溶かしてその段階で吸収するわけです。

まずは1回目の栄養摂取で、必要分だけ、2回目の栄養摂取で蓄え分をという形です。
それで、1回目と2回目の間で残った食物は、かみ砕いた状態で残ってます。

私たちの体のシステムが
消化⇒吸収 

ですから、2回目の吸収の分は消化してしまうわけにはいきませんので、かみ砕いたままの状態で残ります。
*因みに、これが逆流して、逆流性食道炎になります*

ここで、残った食物に対してシースルーライトの108種類もの酵母菌が攻撃をかけるのです。彼らは腸内で生きるため、また増えるために自分の好みの油分・脂肪分を食べて分解してしまいます。

当然、私たちの体が2回目の吸収を始めるときには『消化』するものがすでに酵母菌軍によって分解されてしまい『栄養を吸収した後』の状態にされてしまっているので、2回目の吸収は行われません。

これが余剰分の栄養摂取を抑え、体内の備蓄分を徐々に減らして行き、シースルーライトのダイエット効果を生むのです。これがシースルーライトのミオナの微生物ダイエット
なのです。

簡単ですが分かっていただけたでしょうか。

体調改善と、ダイエット効果両方を実現できる

ミオナの『シースルーライト』


の購入はここから。
ミオナの微生物ダイエット












posted by ぺーやん at 11:10 | Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。